インタビュー

 


左) 普門寺の運営責任者のスザンネ正然さん。
右) 長期普門寺で修行されたサンガメンバーのマリア円光さん。
中央) 長年普門寺全体の運営・管理を取り仕切り様々なコースも担当された
ルート妙智さん。スザンネさんを折々補佐してくれています。
事務所にて。

 

 普門寺は近年体制を一新し,現在スザンネ正然さんが運営責任者として寺を切り盛りしてくれています。スザンネさんは2016年4月に出家得度を受けて曹洞宗の僧籍を取り印光正然となりました。この得度によりさらに普門寺にしっかり根を下ろして励んでいってくれることでしょう。

 また近年ではサンガのメンバーの中心となる山内メンバーがコースの運営や講師役として積極的に活動に参加してくれるようになり、メンバーの自覚や普門寺への帰属意識も以前より増してきております。
 
 普門寺はどんな活動を行ってきたのでしょうか?
 
 山内メンバーとして普門寺をよくご存知の人達に語っていただきました。

 まずは長年常住メンバーとして修行をされたマリアさんと現在運営責任者のスザンネさんが以前どうして普門寺に来て修行を始めたのか、普門寺での生活はどうだったのかを答えてくれたインタビューがありますのでご紹介します。(バックナンバーの記事より)

 

マリア円光・ホーフマイスターさん インタビュー

 

スザンネ印光正然さん インタビュー

 

 普門寺のために長年活動を続けている玄法ハーンさんに、普門寺がよく受ける質問に答えてもらいました。(「普門寺だより」バックナンバーの記事より)

 

玄法・ハーンさん インタビュー

 

 そして日本から10周年記念行事の準備のために来て、半年滞在し、布教活動で手一杯の中川老師を助け、特に日本関係の行事の準備を取り仕切ってくださった若山悠光さんには、普門寺での生活について書いていただきました。
(「普門寺だより」バックナンバーの記事より)

 

若山悠光さん 「普門寺での修行体験」